美容のあれこれ

膝の黒ずみが軽減させて、ひざ丈上スカートを履きたい!

最近の悩みは膝の黒ずみです。
膝の黒ずみが気になりすぎてひざ上丈のスカートはここ数年履いてないですね。
たぶん、今まで、気にしていなかったのですが、膝をついて座ったり、いろいろと膝を酷使してきたと反省しています。
しかも、ボディークリームも膝ってあまり丹念に塗らないんですよね。もっと乾燥する足のスネとかはしっかり塗るのに。
なので、最近は膝を大切にケアしてあげようとがんばっています。
膝の黒ずみが軽減させて、ひざ丈上スカートを履きたい!
まず、これ以上黒くならないように膝をつけて座ることは避けるようにしています。
これが結構大変で、どれだけ膝ついて座ってたんだなーと痛感しています。かわいそうなことしていました。
あと、顔につかうピーリングジェルを膝にも使っています。
しっかりと新陳代謝を活発にさせることで、ターンオーバーを正常に促し黒ずみを少しでも軽減できればと考えています。
あとは、しっかりとした保湿です。
ボディークリームも、膝には特別にこっくりと濃いタイプのクリームを使うようにしています。
象の皮膚みたいにガサガサでこれがつるつるになることを願っています。
あとは、笑われるかもしれませんが、顔につかったパックを膝に二つに切って膝にもつけています。
少しでも保湿してあげたいなっておもいます。やっぱり大切なのは、正常なターンオーバーと保湿です。
今更遅いかもしれないけど、スカートを思い切って履きたいので、根気強く続けて膝の黒ずみ解消したいとおもっています。

美容のあれこれ

見た目年齢が若くなる方法

喜ぶ女性見た目年齢はとても大事だと思います。

実際の年齢よりも下に見られると嬉しいものですし、それだけ頑張ってケアをしているということでもあると思います。

見た目年齢を若くするために重要なポイントとなるのが髪です。

髪がキレイというだけで見た目年齢もかなり若く見えるようになります。

逆に髪に艶がなかったりすると、年齢も上に見られるようになってしまうので、注意が必要です。

髪がキレイに見えるためには、自分に合うヘアケア用品を使っていくことが大事です。

特にシャンプーやコンディショナーは毎日使うものでもあるので、髪に優しいものを選択することが大事です。

今は年齢に合うヘアケア用品も販売されているので、年齢に合うものを使うことも大事です。

美容院に行ってケアをする回数を増やせばよいというわけではありません。

お金もかかってしまいますし、時間もかかってしまうので、セルフケアをしっかり行って対処をすることも大事なのです。

髪の印象1つで見た目年齢も大きく変わるということが分かっているので、髪のことはあまり気にしていないという人であっても、ケア方法をしっかりと考えていくことが大事です。

髪に良いとされている食品を積極的に摂取したり、サプリメントを利用するのもよいでしょう。

そうすることによって、内側からもヘアケアを行うことが出来るようになり、髪の艶もアップする可能性があるので、やってみるとよいです。

美容のあれこれ

肌さえ綺麗でいれば、年齢より若い印象でいられるんだ!

お肌の曲がり角といわれている25歳からはや10年も経ってしまい、肌のトラブルや悩みなんてレベルを通り越して、日々肌の劣化との戦いを繰り広げています。
ビューティー朝の洗顔は、昨晩キレイな状態で眠りについて、朝体内から出る天然の油脂で潤っているのでむやみに石鹸でそれを洗い流して乳液をつけなおす必要はなく、水で軽く洗うだけでいいと有名女優が言っているのを聞いてはそれを試し、そうかと思うと、寝ているうちにいらない老廃物が出てきているから朝になったらそれを綺麗に洗い流す必要があるという別の有名女優が言っていてそっちにしてみたり、韓国の美容液ひたひたのパックを張ったり化粧水を変えてみたり、30代になってもはや迷走してきました。
それでも確実に老いをかんじる今日この頃。
まだまだ若いと思っていたけど、最近5年ぶりに会った友人5人が集まって写真を撮って後で見返してみたときの衝撃はなかなかでした。
いやべつにすごくおばさんだったとは言いませんが、20歳の頃の私が見たらそれは確実におばさん5人の集合写真でした。
生きているのだから老いには逆らえないけど、できるだけ抗いたくて日々努力をしております。
いままではなるべくお金を掛けずにと頑張ってきたけれど、30代も後半戦に入ってついに思い切って万を越える、自分にとっては超高級美容液を購入してみました。
やっぱり全然違います。若干高級品を使って興奮している気持ちのせいもあるかもしれませんが、気持ちも大事かなと思っています。
やはり高くても売れ筋の商品は人気なだけあって、効果もテキメンですね!

美容のあれこれ

シリカ水は美容の強い味方

3シリカ(ケイ素)とは岩石や土、粘土などを構成する元素のことで、人間の皮膚や骨、毛、爪、歯などさまざまなところにも含まれています。シリカはコラーゲンの再生を促し、肌にうるおいとハリを与えます。また、歯のエナメル質を強化し虫歯を防ぎます。髪のツヤをだし丈夫にし、丈夫な爪を作り、骨密度を高くします。筋肉老化を抑制する働きもあります。シリカが不足すると肌のしわやたるみが目立ち、老けて見えるようになりますので、アンチエイジングの成分としても注目されています。

シリカは体内では作られません。年とともに減っていき40歳では約半分になると言われています。個人差はありますが、1日に10〜40mgのシリカを使っているので食べ物から摂るしかありませんが、シリカを多く含むのは穀物の胚芽、野菜や果物の皮ですので摂りにくいと言えます。

そのため、シリカを多く含んだミネラルウォーターなら簡単に摂ることができます。シリカ水は1リットルで90mg以上含まれています。世界の長寿村の水を調べると、シリカが多く含まれているという調査結果もあります。

ただし、手軽に摂れるからと言って大量に飲むのは止めましょう。人によってはむくんだり、お腹の弱い人はゆるくなったりします。1〜2リットルを上限として飲むようにしてください。

また、シリカを配合した化粧品やシャンプーもあります。こうしたものを上手に使って、若々しい外見でいたいものですね。

美容のあれこれ

最高の素肌はきれいな水がつくります

ビューティーきれいをつくる秘訣は水です。あまりにも身近なものなので普段水について意識している人は少ないかもしれません。ここでは水が美容になぜ良いのか見ていきましょう。

・最高の素肌は水がつくる

赤ん坊の体の70%は水でできていると考えられています。成人の水分量の多い人では60%、少ない人の場合は55%なのだそうです。人間の体はこれにさらに骨格筋や骨やその他という感じで構成されていますよね。年齢を重ねると体の中の水分がだんだんと失われるので干からびていき、50%から55%まで落ち込んでしまいます。そう考えると女性のみずみずしい素肌、ハリというものを保つのに水がいかに大切か、という事が分かると思います。いくら体重が減っても水分が失われているボロボロのコンディションの肌では意味がないでしょう。自宅もオフィスも空気がドライな状態の所も多いので意識してこまめに水分補給を心掛けたほうがよいです。食事の前に綺麗な水をごくごく飲んでおけば、空腹感がやわらぎ、食べすぎるという事もなくなります。また、体の代謝を上げてボディメンテナンスをするという意味ではこんなやり方もあります。ミネラルウォーターををたくさん飲んでから半身浴してたっぷりと汗をかきます。そして入浴後に再び綺麗な水を飲む。こうすると、代謝はさらに上がり毒出しのデトックス作用も期待できます。あまりにも身近な水。でも美容にはとても重要です。これから意識的に水を飲む生活を始めてみませんか?

美容のあれこれ

シンプルスキンケアで一日健やか肌

1若かりし頃は有名な化粧品会社の化粧品をあれこれと使って、どれが自分の肌に合うのかな〜、なんてやっていましたが、どれもしっくり来るものはなく、なんとなく肌に良さそうだな~ということで、某有名めー0かーのハトムギ化粧水を一万円も出して購入していました。

そのハトムギ化粧水は、夏に日焼けした肌にも大活躍し、焼けてしまった肌のほてりをとったりするのにパックをしたりと、かなり私の中では増すとアイテムとして何十年も使用していました。

でも年を重ねるにつれ、そのはと麦化粧水だけでは肌の水分保湿が足りなくなり、あれこれと乳液やら美容液やらと購入して不足分を補うスキンケアをしていました。

それを最近一気に全部やめました!!!
そして、改めて始めたスキンケアは、、、

・顔を洗うのは水のみ。
・洗顔後はホホバオイルをたっぷり。

この2つだけです。

よくD○Cなどの大手のスキンケアメーカーが売りにしているように、
洗顔後オイルだけという方法です。
といっても洗顔さえもせっけんを使いません。

日本人、汚いところに住んでいませんから、顔はそんなに汚れていないと思うのです。
水でしか洗わないと落ちない・・・と思っているのは大間違い。
水でさっぱりするんです。(泡が無いから落ちてないと思いがち)
洗うと少しは乾燥するので、その後すぐにオイルで膜を作り保湿をします。

それだけの方が一日中肌が快適なんです。
びっくりですよね〜。
私も今までなんだったんだー!と思いました。
今まであれこれと使ってきた中で今が一番肌トラブルもありません。

といってもこれは私の肌に歯良かっただけで、皆さんの肌にいいとは限りませんが、やりすぎスキンケアをシンプルスキンケアに変えたことで、肌本来が持つ、「保湿力」や 「適度な油分調整」をしてくれるようになってきたからだと思うのです。

どれだけやっても肌が突っ張る、だとか、べたつく、なんていう悩みを持つ方はちょっと試してみる価値があるかもしれませんよ〜!

美容のあれこれ

やりすぎメイク落としをやめたら

6しっかり落とすメイク落としが大切だってよくCMとかで歌われていますよね。

もちろんそうだと思うのですが、色々なメイクお年を使ったことがあるからなら分かると思うのですが、メイク落としでしっかり化粧を落とした後って、どうもつっぱい感が酷くなったりしませんか?

わたしも今まで化粧をするようになってから何年もの間、メイクはしっかり落として、その後洗顔フォームでそのメイク落としのジェルやオイルをしっかりと泡で洗って・・・洗顔というパターンをしてきたのです。

が、これを続けていて思ったのですが、その後の顔がとっても突っ張っていて、状態が悪い。そのままにしておくと超乾燥してしまう。

だからしっかり化粧水をして乳液をして美容液をして・・・って、取りすぎちゃったところに不足している分を補うかのようなスキンケアをしていました。

でも、これは肌にあまりよくないということが分かったんです。

なので、メイク落としを購入する時に、メイク以外の肌の角質をとり過ぎない低刺激のものを使うようにしたり、

軽いメイクの時はホホバオイルで落としてみたり、肌に負担の無いものを使うようにしました。

その後の洗顔フォームの使用もやめ、メイク落としのみをしっかりとぬるま湯で落とし、水で引き締めるだけにしたんです。

すると肌が乾燥しすぎず、スキンケアもしっかりとしないで、軽く化粧水と保湿をすればいいくらいに肌の状態が良くったんです。

その方が一日中ツッパリ感もないし、とても健やかな肌になりました。

洗いすぎ、落としすぎがダメージを与えていた事を地部の肌で実感した出来事でした。

美容のあれこれ

乾燥肌も改善できる顔のスキンケア

5女性には乾燥肌で悩んでいる人も多いでしょう。
乾燥肌はなかなか治りにくく、酷くなると、冬だけでなく、1年中肌がガサガサになり辛いものです。

乾燥肌を解決するためには、化粧水と乳液で行う基本的スキンケアに加え、オイルを使ったスキンケアもプラスすると、少しずつ改善できるかもしれません。

乾燥肌を改善するためにおすすめのオイルがホホバオイルです。ホホバオイルは低刺激で、使うだけで肌のホルモンバランスを整えてくれ、またビタミンEが乾燥肌を改善してくれます。またホホバオイルはオーガニックの物を選ぶとさらに美肌を作ってくれるはずです。

使い方は、化粧水をつけた後、ホホバオイルを肌に塗るだけです。2,3滴を手に出して、顔を満遍なく均等にオイルで包みましょう。しっかり手でオイルを馴染ませることも大切です。オイルをつけたあとは、乳液を付けるだけです。乳液でオイルを閉じ込めることで、ホホバオイルの美容成分がしっかり肌に染み渡るのです。

オイルは少しベタつく感じがあるので、ホホバオイルの使用は夜のスキンケアにします。夜に使用するだけで、朝になっても肌がつっぱる感じがなく、潤いが続くはずです。朝のスキンケアは化粧水と乳液でしっかり行えばよいので、とても手軽ですね。

毎晩、ホホバオイルを使用し続ければ、治りづらかった乾燥肌も徐々に改善され、あなたも美肌を手に入れられるはずです。メイクのノリもずっと良くなるはずです。

美容のあれこれ

肌に良い洗顔方法について

9洗顔はしすぎると、肌バリアを壊してしまいますが、肌バリアを壊さないような洗顔方法にすることで、肌の潤いを取り戻せます。

まず朝は、洗顔フォームを使用せずに水だけで洗います。
やり方も、水で手を濡らして口元や目元をぬぐうように優しく洗っていきます。

朝はそんなに汚れていることもないので、お湯や石鹸を使わなくても大丈夫です。
洗顔フォームで洗顔をする理由には、化粧水を塗る前に汚れや余分な皮脂を落とすということがありますが、化粧水を塗らなくても大丈夫なほどきれいな肌になるためには、洗顔フォームを使う必要はありません。

洗顔フォームを使うと、肌バリアを壊してしまうので、皮脂や汚れを落とす洗顔は、夜に1回行うだけで十分です。

そしてこの皮脂は、石鹸を使用しなくてもお湯で落とせます。
しかし、お湯で洗顔するのも、強くこすってしまうと肌のバリア機能が弱くなってしまうことがあるので、注意が必要です。

夜の洗顔は、シャワーの温度を39度に設定し、水流はかなり弱めで約1分程、直接顔に当てます。
これだけで夜の洗顔は大丈夫です。また、メイクを落としたい人や、外出して顔の汚れが気になるという人は、純石鹸の固形石鹸で洗顔します。
顔を水で濡らして固形石鹸を泡立て、泡の弾力を使って汚れを取ります。
そして水のシャワーで1分程かけてじっくりと洗い流します。

これでメイクをしている時の洗顔は終わりです。
きれいな肌を目指すには、刺激の強い洗顔はせずに、優しく洗うことが大切です。