ニキビ跡対策

ニキビ跡を改善する生活習慣

7ニキビ跡を改善するためには、ターンオーバーを意識しながら生活習慣を見直すことが大切です。
食生活が乱れたり睡眠不足が続いたりすると、肌が荒れやすくなります。

ニキビ跡を治す方法はこちら

この原因は、肌のターンオーバーの乱れです。
ターンオーバーで肌の生まれ変わる周期をスムーズにすることにより、ニキビ跡は改善に向かっていきます。

まずは、しっかりと睡眠をとることが大切です。
肌の再生や修復は、眠っている間に成長ホルモンが分泌されることによって行われます。

生活リズムを整えて規則正しい就寝を心がけるようにすることが大切です。

また、肌のターンオーバーを促すタンパク質を摂取することも大事です。
肉、魚、納豆などのタンパク質を摂ることで、ターンオーバーを促進してくれます。

また、ビタミンCなどのビタミン類も多く摂取すると、ニキビ跡に効果があります。
そして食生活だけでなく運動の面でも、毎日適度に体を動かすことが大事になってきます。
運動をすると代謝が上がり、ターンオーバーが正しい周期で行われるようになります。
そうなると、メラニンや老廃物などの排出がスムーズに行われ、不要な角質もきちんと除去されます。

また、ストレスによっても肌が荒れてしまうことがあるので、体を動かしてストレスを発散させることで、美肌にもつながっていきます。
そして最後に、紫外線対策をすることはとても重要です。
ニキビ跡の中でも炎症性色素沈着によるものは、日焼けをすると消えにくくなります。しっかりとしたUVケアをすることが、非常に大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です